東京急行電鉄の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> 東京急行電鉄

東京急行電鉄の電車運転士の採用情報

東京急行電鉄では総合職とエキスパート職の2種類で採用活動を行っています。そして電車運転士を希望する場合は、鉄道エキスパート職での就職が必要になるのです。

これはどの鉄道会社にも言えることですが、運転士を目指すのであればまずは駅員からのスタートになります。そこからキャリアアップをしていくことによって、運転士などの道が開けるようになります。

そもそも電車運転士になるためには、免許を取得する必要があります。東京急行電鉄ではその免許取得のためのサポートや研修といった形で助けてくれますが、それをクリアして初めて運転士としての仕事ができるようになります。

限られた優秀な人がなれる仕事が電車運転士ということになるため、当然その競争率も高くなります。例えば新卒の駅員として採用されても、その時点で電車運転士になりたいと考えている先輩はたくさんいます。その中で少ない枠に入るため、自分自身をアピールしていく必要があるのです。ただ運転士になりたいというだけでなれるほど、簡単なものではないことを知っておいてください。

駅係員としての新卒採用情報をチェックしてみると、募集学科に関しては不問となっています。そのため、学歴面で何か大きな差が付けられるものではありません。採用されるのかどうかはともかく、スタートラインはみんな一緒ということになります。

逆に新卒ではなく既卒の場合はどうなるのかということになりますが、こちらは社会人採用枠が設けられる場合があります。ただしこちらは常に募集されているわけではなく、必要に応じて募集される形になっているため、常日頃から東京急行電鉄のWebサイトをチェックするようにしてください。中途採用は人員を補充するために行うもので、東京急行電鉄は離職率が低いため、応募を見つけたときには大きなチャンスと考えるようにしてください。

電車運転士になるためには、その人に素質があるのかどうかが重要視されています。多くの人の命をあずかる仕事なだけに、熱意だけでできる仕事ではありません。実際にその判断は就職をしてから下されることになります。何よりも一駅員から昇進していく形でなるものなので、しっかりと能力のある人間であると認められる必要があります。採用されてからが電車運転士になるための本当のスタートなので、そのことは忘れないようにしましょう。

最初は駅員からのスタートですが、その経験があるからこそ運転士の仕事がどういうものなのかをよく知ることにもつながるのです。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.