小田急電鉄の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> 小田急電鉄

小田急電鉄の電車運転士の採用情報

小田急電鉄で電車運転士として働くためには、エキスパート職として採用される必要があります。小田急電鉄では事務系や技術系の総合職と、鉄道・商業施設・IT部門での募集が行われており、自分がどのように働きたいのかによって選択肢も変わってくるのです。

電車運転士を希望している人は多く、実際にはかなりの競争率となっています。エントリーの段階で数百人以上が応募をしている狭き門ですが、それだけ多くの人が電車運転士として働きたいと思っている人気の職業なのです。

採用枠としては新卒採用と社会人採用があり、社会人採用は不定期に行われています。そのため常に情報収集をして、応募のチャンスを逃さないようにしてください。小田急電鉄では最初から電車運転士を募集しているわけではありません。どの鉄道会社でも同じことですが、最初は駅スタッフからのスタートになります。そこから経験を積んでいき、車両運転に必要な免許を取得して電車運転士として働くことができるようになるのです。

社内でも競争率が高いので、常日頃からアピールして自分の能力が運転士としての適性があると証明する必要があります。

基本的に駅スタッフとしての採用は、学歴不問です。最低限のラインをクリアしていれば、後はその人の人物像を重要視した採用基準となっています。もちろん人柄重視といってもクリアしなければならないラインはありますが、学歴不問であることから社会人採用でも様々な前職を持った人が転職をしています。

社会人採用の場合、最初は契約社員といった形で駅スタッフとして採用されることになります。そして車掌単独試験に合格をして、正社員採用される形で電車運転士になれるのです。

電車運転士は、適性なども必要なので希望する人全員がなれるわけではありません。実際に運転士として働くことを強く志望して就職した人でも、ほかの部署へ配属されることや異動を命じられることも多々あります。

鉄道の本数は限られているので、電車運転士の枠も自然と絞られることになります。その中でいかに自分の希望を通していけるのかは、本人の頑張り次第です。採用段階では学歴・職歴を問わず募集をしているため誰にでもチャンスがあると言えますが、それだけに希望通りの結果になるのかはわからないところもあります。小田急電鉄で電車運転士として活躍していきたいのであれば、しっかりと情報を集めて自分が希望する進路へ進めるように頑張りましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.