西日本鉄道の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> 西日本鉄道

西日本鉄道の電車運転士の採用情報

西日本鉄道で電車運転士になるためには、高卒の段階でその進路を選ぶ必要があります。それは将来的に電車運転士になれる採用は高卒を対象としたもので、大卒者は基本的に対象外であるためです。高卒者と大卒者には4歳もの年齢差があり、4年早く現場へ配属されれば、若い電車運転士としての活躍にも期待ができます。そのため西日本鉄道では、基本的に高卒者を対象にしているのです。

大卒でも熱意があるから働きたい。そう考えている人も多くいますが、実際に西日本鉄道へ大卒で採用される場合は、現業ではなく本部のいわゆる幹部候補生としての入社になります。その過程で駅での業務を行うことはありますが、あくまでも一時的なもので最終的には別な部署へ配属されることになるのです。これでは仮に電車運転士になることができても、その道で働き続けたいという希望とはかけ離れた結果になってしまいます。

そうなると一定以上の年齢になっていたら鉄道運転士としての夢を諦めなければならないのかということになりますが、中途採用という形で鉄道運転士になる方法もあります。もちろん高卒で採用された場合と比べて年齢的なハンデもあるため、その差を埋めるのは簡単なことではありません。しかし中途で駅員として採用され、そこからステップアップしていくことは可能なのです。

給与面で考えればそれが正解なのかは判断が難しいところですが、少なくともやりたい仕事をしていきたいと考えている人にも選択肢はあります。ただしこの方法は、現在大学生として在学中の人にとっては現実的な方法とは言えません。そこまで遠回りをして鉄道運転士を目指すのかどうかは、しっかりと考えて決めるようにしてください。

西日本鉄道の基本方針が、運転士は高卒者を対象としたものであるため、それに従って応募する必要があります。学歴が高ければそれで良いというものではなく、自分がやりたい仕事をするためには早い段階から情報を集めて行動を起こす必要があるのです。実際に採用情報を調べてから採用基準のことを知る人は多くいますが、そこからどのような方法で西日本鉄道の鉄道運転士になれるのかを考えていきましょう。

西日本鉄道では新卒での採用枠と中途での採用枠があり、中途の場合は不定期なので情報収集はしっかりと行う必要があります。適性検査の結果で別なルートへ進むことになる場合もありますが、まずは駅員として採用されることが必要であると覚えておきましょう。電車運転士は人気があり競争率も高いので、早い段階から進むべき道について考えるようにしてください。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.