京浜急行電鉄の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> 京浜急行電鉄

京浜急行電鉄の電車運転士の採用情報

京急という呼び方で知られる京浜急行電鉄で電車運転士になるためには、どのようなことが必要になるのか。

まず京急には様々なグループ企業もあり、その中で電車運転士になるためのルートは決まっています。ここで最初に必要なことは、京急ステーションサービスへ入社することです。

実際に採用される場合は、最初から電車運転士としてではなく、駅員としてのスタートになります。どの鉄道会社にも言えることですが、最初から電車運転士になることが約束されているわけではありません。運転士の仕事は人気が高く、倍率もかなり高めです。それはそれぞれの鉄道会社へ入社してからも同じことが言えるもので、誰もが等しく経験できるものではないのです。

駅員業務を数年経験し、そこから登用試験を受けたり必要な免許を取得したりして、初めて電車運転士としての業務ができるようになります。そのためまずは京急ステーションサービスで駅員として働くことをスタート地点と考えるようにしてください。

採用については、新卒採用と既卒採用があります。社会人の採用枠は、新卒と比べて定期的に募集しているわけではありません。不定期な募集をしているので、そのチャンスを逃さないように京浜急行電鉄のWebサイトをしっかりとチェックするようにしてください。また、色々なところに求人情報が公開されていることもあるので、自分が狙っている情報を見逃さないようにしましょう。

既卒枠で駅係員としての採用情報で特徴的なのは、学歴が高卒以上であればほとんど不問であることです。鉄道会社の新卒採用の場合は、大卒ではなく高卒での募集も多いのですが、社会人からの転職なら大卒以上でも問題はありません。また、駅係員として採用される場合は、基本的に契約社員からのスタートになります。

駅員として2年間働くと、車掌登用の試験を受けられるようになります。そして今度は車掌業務を2年以上経験することで、運転士の受験資格が得られるようになっています。このように段階を経て、ようやく電車運転士として働けるようになっているのです。

最初から電車運転士として働きたいと思っていても、まずはしっかりと下積みをしていく必要があります。しかしそこまで登っていくことは大変でも、駅員として採用されること自体は極端に大変というものでもありません。まずはスタート地点に立てるようになることが重要ですが、そこから最短でも4年の時間をかけて電車運転士になれるものだと覚えておきましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.