JR東海の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> JR東海

JR東海の電車運転士の採用情報

JR東海で電車運転士として採用されるためには、プロフェッショナル職としての募集に応募する必要があります。これはJR東海に限った話ではなく、JR各社で共通した方針です。ただここで注意したいことは、最初から電車運転士として採用されていることはないということです。

最初から電車運転士として働きたいと考えている人にとって厳しい話になりますが、JR東海では運輸部門に採用され、そこから社内試験によって昇進をしていき、最終的に電車運転士になるという形式となっています。駅員から始まり、車掌、運転士とステップアップしていくわけです。そのため最初から電車運転士としての採用は行っていません。

運転士として仕事では職務適性が重要視されています。ただ、現在のJR東海では30代半ばまでには基本的には駅員、車掌、運転士のすべてを経験し、そこからどの働き方を選択させる方法をとっています。そのため電車運転士になること自体が難関というわけではありませんが、それでもいきなりなれるものではないのです。

JR東海では電車事業のほかに新幹線事業も行っていますが、東海鉄道事業本部と新幹線鉄道事業本部とでは人事異動が行われることがないため、電車運転士としての道を選ぶなら東海鉄道事業本部に入ることを前提に動く必要があります。配属に関しては本人の希望も考慮されますが、それにも限界があるのです。自分がなりたい仕事をするためには、目の前のことだけではなく長期的なプランのことも考えて動く必要があります。

採用情報自体はJR東海のWebサイト上で公開されているため、定期的にチェックするようにしましょう。実際にチェックをしてみるとJR東海グループの各部門で募集をしているためかなりの選択肢があります。その中で東海交通事業が電車運転士を目指す場合に進むべき道になります。このあたりはわかりにくいので、実際に問い合わせて確認をするようにしましょう。

新卒採用は毎年行われていますが、既卒採用は状況に応じて行われているため、常に募集しているわけではありません。既卒の人がJR東海で電車運転士として働くことを希望するのであれば、日々の情報収集はしっかりと行うようにしてください。

電車運転士になるためには、クリアしなければいけない課題がたくさんあります。しかしそれだけに、いざ電車運転士になれたときの達成感はとても大きなものです。JR東海で運転士を目指すのであれば、段階を経てステップアップをしていく必要があるので、そのことを踏まえて就職活動をしていきましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.