JR西日本の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> JR西日本

JR西日本の電車運転士の採用情報

JR西日本では2つの働き方で社員を募集しています。そのどちらも電車運転士として働くことはできますが、実際に運転士として働く場合の期間に違いがあります。

総合職として採用される場合は、JR西日本の様々な部署を経験するチャンスが得られます。しかし1箇所への配属期間はそれほど長くないため、電車運転士として長く働きたいという人には向いていないという一面があります。それに対してプロフェッショナル職として採用される場合は、文字通り鉄道運行のプロフェッショナルとしての活躍が期待されているのです。

電車運転士として働くことを強く希望している場合、選ぶべきはプロフェッショナル職です。こちらは新卒・既卒を問わずに募集をしていますが、既卒の場合はタイミングが不定期なので常にJR西日本のWebページなどで情報をチェックする必要があります。

新卒として、もしくは既卒で採用される場合、その人の学歴などは深く問われません。その代わり素質や面接での回答が重要視されます。電車が好きだから電車運転士になりたいというのはシンプルでわかりやすい回答ですが、それだけでは面接を通過するのは難しいです。

JR西日本で働く電車運転士になるためには、まず駅員からスタートします。そこでしっかりとキャリアを積み、車掌、そして運転士としてステップアップをしていきます。最初から電車運転士を任せられるわけではありません。

そもそも電車運転士になるためには、国家資格が必要です。もちろん最初から資格を取得している人はおらず、社内で研修を受けて国家試験に合格する必要があります。そしてそれをクリアした上で、キャリアアップをしていくことによって電車運転士になることができます。

基本的に優秀な人が電車運転士になれるものなので、JR西日本で採用されただけではスタート地点に立てただけと言えます。JR西日本自体は就職先としても人気が高いため、その競争率もかなりのものになります。その競争を乗り越えてからさらに試験や社内での競争を勝ち抜く必要があるのです。

プロフェッショナル職への応募は、JR西日本のWebサイト上から申し込みができます。その際にはマイページでIDとパスワードを決めてのログインが必要になるので気をつけてください。説明会やセミナーが開催されていることもあるので、積極的に参加しましょう。資格を取得したから必ずしも電車運転士になれるわけではありませんが、その達成感は大きくやりがいのある仕事です。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.