JR東日本の電車運転士の採用情報

電車運転士求人TOP >> 人気企業の採用情報 >> JR東日本

JR東日本の電車運転士の採用情報

JR東日本では、大きく分けて2つの枠で採用を行っています。1つは総合職としてのポテンシャル採用、そしてもう1つは専門職としてのプロフェッショナル採用です。これは新卒の場合も既卒(社会人)の場合も同様で、どちらの枠で応募をするのかによって働き方も変わってきます。

ポテンシャル採用枠では、駅やメンテナンス部門での業務が中心になります。そしてもう一方のプロフェッショナル採用は、その方が活躍したいエリアを選択し、地域密着型の働き方になります。鉄道運転士としての採用はこちらのプロフェッショナル採用枠で行われています。ちなみにポテンシャル採用でも電車運転士としての仕事は可能ですが、現場経験は短く電車運転士として長く働き続けることはできません。その違いについても理解が必要です。

運転士になるためには、国家試験に合格する必要があります。もちろんその資格を取得してからが本当の始まりで、運転ルールだけではなく車両構造なども含めた多くの知識を身につける必要があります。実際に採用されたあとも、駅員から始まり、車掌、そして運転士としてステップアップしていくことになります。

JR東日本では適正をとても重要視しているため、自分が電車運転士になりたいと思っていてもなれるとは限りません。運転士に憧れていてもなることができず、別な職種で仕事をしていくこともあるのです。しかしそれだけに電車運転士になれたときの達成感は大きく、仕事に対するやりがいも大きなものになります。

JRだけで考えると全国的な配属を想像する人もいますが、JR東日本はあくまでも東日本を担当している鉄道会社になります。配属は首都圏が中心になります。プロフェッショナル採用の場合はポテンシャル採用とは異なり転勤することもそれほどありません。

会社としての規模が多いため、JR東日本では一度の募集で多くの採用枠が用意されているのも特徴です。そのため十分にチャンスがあると思えますが、あくまでも鉄道運転士としての採用に限定すれば数も少なくなり、応募者の数もかなり多いため難関です。既卒の場合、職務経歴は問わず募集されていますが、それだけに現在の能力を最重要視していることがわかります。

応募はJR東日本のWebサイト上から可能であり、より細かい情報や条件などが記載されています。JR東日本で働きたい、鉄道会社で大きな仕事をしたいと考えている人なら是非チェックしてみてください。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.