土日休日の電車運転士求人

電車運転士求人TOP >> 条件別 >> 土日休日の電車運転士求人

土日休日の電車運転士求人

電車運転士の仕事の場合、土日祝日は、基本的には休みにはなりません。日勤と夜勤、明け勤務、休日といったものをサイクル的に繰り返していることが多いため、決まった固定休みというものがないというのが、電車運転士という職業の特徴でもあるのです。電車運転士のみならず、車掌だったり、鉄道会社の現業職と呼ばれるような仕事の場合には、ほとんどの方がこのサイクルで仕事をするというのが一般的です。

世間の方たちが長期休暇になるゴールデンウィークやお盆休み、年末年始といった期間は鉄道関連会社に関しては繁忙期になりますから、こういった点でも世間一般的な休日の常識とはかけ離れていると言わざるを得ませんね。ですから、土日が休日に設定されている電車運転士の求人は、ほとんど見つけることが難しい状況になっています。土日や祝日というかきいれ時に休日が定期的に欲しいと思っている方は、電車運転士として働く資質は乏しいと判断される傾向にあるのです。

サイクルがハマれば、土日に休みになる可能性もありますが、基本的に土日を固定で休みたいという方は、相当に求人を探さないと、電車運転士の職種を見つけることが出来ないでしょう。少なくても、インターネットなどで検索を掛けるくらいのリサーチでは、土日休みの電車運転士の求人を見つけることはほぼ不可能に近いと思って下さい。このような稀少な求人の場合には、やはり転職エージェントなどに登録をし、非公開求人に期待をする他ありません。

現職で電車運転士をしていて、家族との時間を持ちたいなどといった理由から、土日が休日の電車運転士の求人を探している方であれば、特に大手であり求人数を多く保有しているリクルートエージェントなどで非公開求人を紹介してもらうようにすることをオススメします。とはいうものの、土日が休日に設定されている電車運転士の求人は、本当に稀と言えるでしょう。

唯一可能性があるとすれば、正規社員の補充用の臨時職員の求人などであれば、ある程度に期待は出来るかもしれません。正規社員として入職をし、その上で土日を固定休日にしたいというケースでは、やはり求人を見つけるのには相当な苦労が強いられる事になると言えます。現役の電車運転士の方の多くは体調管理に気を使ったり、長い拘束時間の中で睡魔と戦ったりと苦労が絶えないエピソードが多く聞かれます。それでも仕事が続けられるのは、電車運転士という仕事に誇りを持っていたり、好きだという前提があるからといえるでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.