激務でない電車運転士求人

電車運転士求人TOP >> 条件別 >> 激務でない電車運転士求人

激務でない電車運転士求人

電車運転士という職種は、とにかく激務というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。団塊の世代が続々と引退していくということもありますし、少子化の影響で成り手が少なくなったということもありますが、そこまで慢性的な人員不足に悩まされているということではないのです。そもそも昔から採用する人員は少なく見積もられているというのが、激務の現状を招いていると言って良いでしょう。

そもそも電車運転士を育成するのには、多大なコストが掛かると言われているのです。国家資格を取得するまでは、鉄道会社の中で電車の教習を長い時間行なっていくのです。その上で教習のための設備も当然に整えて置かなければならず、それらの施設の維持費などのコストも当然に掛かってくるわけです。他にも国家資格を取得し、責任の高い仕事を任せるわけですから、それなりの手当を支給する必要が出てきます。その上で変速勤務制であり、深夜手当の対象になっている22時から朝の5時までの時間帯には、割り増しで支給しなければならないため、一人の運転士に多大なコストが掛かるのです。

ですから、いざというときのために余剰な人員を採用し、電車運転士を育成しようとは出来ないものなのです。大手の鉄道会社であっても、必要再現度の人数で運営することが出来るような人員でしか電車運転士は配備されていないというのが現状なのです。同じ現業職でも車掌職や駅員という職種の場合は、ある程度余裕を持って人員配置をされているものなのですが、電車運転士はギリギリの状態を保っているとされています。

長い時間育成期間が掛かるにも関わらず、特に健康面や身体能力の条件が少しでも満たされていないと判断された場合には、電車運転士としての仕事を続けていくことは出来ないのです。これは利用する何百人という人間の命を預かる職業なわけですから、当然といえば当然と言えます。もちろん身体状態ばかりではなく、その他の条件も吟味されます。

激務ではない電車運転士の求人ですが、基本的には日勤と徹夜勤務はスタンダードにありますし、交互にこれを繰り返すのが一般的です。これを激務ではないと感じるか否かというのは、個人差があります。新人の電車運転士では激務と感じる方が多いと言えますが、ある程度に経験を積めば、マイペースで働くことが出来、激務とは感じないという方が多いという職業でもあるのです。経験を積んでいれば、このような変速勤務でも、激務とは感じない方が多いようですね。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.