JRの電車運転士求人

電車運転士求人TOP >> 条件別 >> JRの電車運転士求人

JRの電車運転士求人

JRの電車運転士求人は各JRのホームページ上でもその求人を見つける事が出来ます。基本的にJRの採用求人は、ポテンシャル採用と呼ばれる総合職とプロフェッショナル採用とに分けられています。総合職は駅やメンテナンス部門を始め、ショッピングセンターなどの現場経験を経て、それぞれに企画部門や関連企業へと移り、各部門で活躍してもらうといったような人材を募集している求人になります。

電車運転士を始めとする現業職の場合は、プロフェッショナル採用への応募になります。応募資格としては、大学院卒、大学卒、短期大学、専修学校、各種学校や高等学校卒といった学歴をお持ちの方となっています。選考方法としては、資料請求登録後、エントリーシートの提出。次に適性検査を受験した後、書類選考を行います。プロフェッショナル採用の担当は、駅員や車掌、運転士を始め、制御システムやエネルギー部門。他にも情報通信部門まで沢山に用意されています。

電車車輌のメンテンナンスや保線業務、鉄道事業を支えていく現場のプロとして働きたい方に向けられた採用枠になります。これらの担当職種がまとまっての募集のため、採用予定者は1100人となっており、電車運転士として具体的に何名程度を採用するのかは不明です。実際に出されている新卒者向けの給与待遇では、修士了で20万9530円。大学卒で20万1595円。短大卒、専修学校、江東専門学校卒者で19万3660円が基本給になります。昇給は年に1回でボーナスは2回、その他通勤手当や残業手当などの諸手当が加算される仕組みです。

JRと一言で言っても東日本や西日本、東海といったように各エリアで細かく担当が決まっています。勤務地はその大きく分けられた担当エリアの中であり、転勤も問題ない方などが重宝されます。勤務時間に関しては、勤務場所や仕事内容によって異なるとなっており、細かい明記はされていません。夜勤や一昼夜交代勤務有りとありますから、電車運転士の場合には、これが設定されている可能性が高いと言えるでしょう。

休日に関しては、曜日に関わらず年間休日114日の休日が設定されています。有次有給休暇が初年度でも15日あり、最大20日まで取得することが可能です。大手企業のJRですから、福利厚生などはさすがの充実ぶりを見せています。より細かい募集要項を把握したい方であれば、転職エージェントの中でも大手で求人数を多く誇っているようなエージェントに登録をして、情報を収集していきましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.