契約社員の電車運転士求人

電車運転士求人TOP >> 条件別 >> 契約社員の電車運転士求人

契約社員の電車運転士求人

電車運転士の仕事は大きな責任が伴い、高い運転技術と経験が求められるため、大半の人は正社員として働いています。しかし、中には契約社員として働いている人もいて、より自由な立場で仕事をすることもできます。契約社員として採用される人の多くは、すでに電車運転士としての資格や実務経験が十分にある人で、今までずっと電車運転の仕事を続けてきた人です。年齢的な事情や家庭の事情などで常勤社員としては働けなくなったもの、その技術と経験が買われて短期間での契約での採用という形で働いているのです。

そのため、電車の運転が未経験な人が契約社員として採用されてスキルを身に着けるように援助を受けるということは、都市部の大きな鉄道会社ではほとんどないと言っても良いくらい珍しいケースです。そのため、電車運転士としてのスキルを新たに付けようとしているのであれば、契約社員ではなく正規社員としての採用を目指すと良いでしょう。しかし、地方部の小規模経営を行っている鉄道会社では、正規社員雇用の数を減らすため、最初は契約社員で電車運転士を雇うというケースも見られます。

この場合の採用は一年単位での契約となっていて、新規契約社員の勤務態度や運転スキルなどを見ながら、契約を更新していきます。もし、会社の定める基準に達していないということであれば、引き続き契約社員として働き続けるか、最悪の場合契約が更新されず解雇となることもあります。一方で、会社にとって必要な人材として見られるようであれば、契約社員から正規職員として登用されることもあります。

こうしたケースもありますので、もし正社員としての募集がないとしても、まずは契約社員でスタートしてスキルを積み、評価を得ていくうちに正社員として登用されることを目指すこともできます。電車運転士になりたいという希望者はたくさんいますし、実際にかなりの競争率となります。それで、最初はどんな形でも構わないので、電車運転士としてのスタートを切ることを優先していくという選択肢を採ることもできるでしょう。もちろん、正社員比べると給料や福利厚生の適用などが制限されてしまいますので、生活を上手にやりくりできるかどうかを考慮した上で決定するようにしましょう。ある程度の期間より長く勤務を続ければ、有給や雇用保険の加入なども可能になりますので、安心して仕事を続けていけるだけの、ある程度の保障を得ることができるようになります。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.