50代の電車運転士求人

電車運転士求人TOP >> 条件別 >> 50代の電車運転士求人

50代の電車運転士求人

電車運転士でも50代ともなれば、30代や40代でも求人がないのだから、ほぼ転職成功は絶望的と思われている方が多いと思います。しかしながら、何気に50代という定年間近な電車運転士の方や、定年を過ぎた方の方が、もちろん動力車操縦者運転免許取得者であり、長年の電車運転士の実績があるという方に限定されますが、意外と転職求人と巡り会える可能性が高いのです。30代や40代での同業他社への転職は、鉄道会社にとっての主戦力になっているケースが多いため、引け目を感じる企業がほとんどです。

しかしながら、OBに近い50代以上の電車運転士の場合には、あまり同業他社に遠慮することなく採用するケースが見られているのです。50代ともなれば、通常の電車運転士から主任運転士を経て、指導主任になり、助役といった役職にキャリアアップしているか、電車区長といった立場になっているケースが多いため、ポジションが抜けても、高給取りがポジションを明け渡してくれるといった感じで在籍会社も助かる傾向が強いのです。

50代の電車運転士ともなれば、前述にあるようなキャリアアップをし、ある程度の役職についていることが多いことから、給与額もある程度に保証されており、なかなかにこの時点で一般的な電車運転士としての転職は希望される方は少ないと言われています。転職案件でも50代で通常の運転士待遇で迎える所は少ないと言えるでしょう。ただしマンパワーが足りていないような鉄道会社であれば、そういった求人もあり得ます。

ほとんどの場合は、実績がある方に対して募集をかけ、若手の指導を管轄する指導主任の待遇や、その上の助役といった役職での募集になります。区長の場合は、長年その鉄道会社で勤務をしていた人材が選ばれることが多く、中途採用の転職者が抜擢されるということは、まずあり得ません。ある程度に役職があることから、それなりの待遇で迎えられることが多いようです。

50代での転職希望者は、ほとんどが現役で電車運転士としてまだ働きたいといった方が多く、JRや大手私鉄などの大規模な鉄道会社から、准大手や都営や市営といった自治体が運営している所、路面電車などを運行している所に転職するケースが多いようですね。こういった転職パターンの場合では、給与などの待遇面は当然に落ちることになってしまうでしょう。しかしながら、現役の運転士として働ける期間が長くなると考えれば、それでもいいと考える方が多いようですね。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.