第二新卒okの電車運転士求人

電車運転士求人TOP >> 条件別 >> 第二新卒okの電車運転士求人

第二新卒okの電車運転士求人

第二新卒とは、大学や高校などを卒業して企業に就職したものの、その後2、3年後ほどで退職した人のことを指します。第二新卒者にはメリットもデメリットもありますので、再就職がしやすいケースと難しいケースがあります。業界や会社によって採用状況が異なりますので、じっくりと募集情報を調べて第二新卒でもokかどうかを調べる必要があります。

電車運転士の求人の場合は、ほとんどが新卒採用もしくはある程度長い実務経験を持つ人を対象とした中途採用です。第二新卒でもokという求人は全体では少なめですので、ある程度時間をかけて腰を落ち着けて募集情報を探す必要があるでしょう。特に地方部の鉄道会社ではもともとも求人の枠が広くないので、第二新卒者を対象とした求人を見つけるのは若干難しくなります。

とはいえ、企業にとっても第二新卒者を採用することにはメリットもありますので、問題なく新卒者と同じように採用を期待することができるケースもあります。第二新卒者は一度企業に就職して仕事を経験していますので、ビジネスマナーを心得ていますし仕事の進め方というものを知っています。もちろん、手に職がつくというほどの実務経験はありませんが、ビジネスの基本というものをわきまえていますので、企業としては助かる人材なのです。しかも、中途採用者のように給料をたくさん払う必要がないので、コストが低くて済むというメリットもあります。こうしたことから、会社によっては積極的に第二新卒者を採用していますので、前向きに応募してみると良いでしょう。

一方で、第二新卒者の給料は一般の新卒者とそれほど変わらないという面があるため、求職者にとっては低い雇用条件から再スタートを切ることになります。ある程度給料が低くなってしまうのは我慢して、好きな仕事を見つけスキルを磨いていくことに集中して取り組むようにしましょう。また、企業としては、第二新卒者はまた同じように会社を辞めるのではないかという懸念を抱いているものです。そのため、面接ではなぜ今までの会社を辞めたのか?ということをかなり突っ込んで聞いてくることが多くなっています。

ネガティブな印象を与えるような答えは避けて、ずっとやりたいと思っていた仕事にどうしても就きたいと思ったので辞めた、など前向きな印象を持ってもらえるような答え方をするようにしましょう。面接で与える印象によってかなり採用の可能性が変わってきますので、入念な準備が必要となります。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.