電車運転士の勤務時間

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の勤務時間

電車運転士の勤務時間

電車運転士の勤務時間は、勤める会社によってかなり異なりますので、転職もしくは就職をするときに、細かく確認しておくと良いでしょう。関東圏の大きな鉄道会社の場合などは、不規則な就業時間となりますので、プライベートの時間や家族のための時間とのバランスを保てるかどうかを考えることが大切です。

ダイヤが複雑に組まれていて、朝早くから夜遅くまで、または24時間体制で運行をしている鉄道会社の場合は、いろいろなタイプの勤務シフトがあります。一日勤務ということもあり、仮眠時間を設けて長時間拘束となります。その分、休みは勤務日と交互に設けられていることもあり、ゆっくりと休息を取れるシステムとなっています。また、通常の日勤に夜勤の組み合わせが入るシフトの場合もあります。このケースはどうしても勤務時間が不規則になってしまいますので、あらかじめ仕事と生活のバランスを上手に保てるかどうか考えておきましょう。

地方部の鉄道会社の場合は、もっと規則的でゆるやかな勤務シフトが組まれています。ダイヤがそれほど夜遅くないということもあって、夜勤はあまり存在せず、朝早くからとお昼くらいからの2つのシフトがあるという程度の会社が多く見られます。それなりに規則的な就業時間となっていますし、拘束時間も短いことが多いので、無理なく仕事を続けていくことができるでしょう。給料という面では都市部の鉄道会社に比べると数割低くなってしまう傾向が見られますが、落ち着いて仕事を楽しめますので、メリットも多いと言えるでしょう。

このように、電車運転士の勤務時間は勤める会社や地方によってある程度差が出てきます。自分と家族の事情を考えて、働きやすい職場を選ぶようにしましょう。どちらのパターンにしても、鉄道会社の労務体制は総じてしっかりしていて、休日出勤があったり残業が生じたりすると、きちんと超過勤務手当が付きますし、その手当の割合も高くなっています。また、集中力を保って仕事をしないと大きな事故を招くことにもつながるため、連続して勤務できるのは何本もしくは何時間までと決められています。

忙しいと言っても、体力的に限界を超えるようなシフトになることはないので、安心して働き続けることができるでしょう。会社によってこうした勤務シフトに関する規定はまちまちですので、気になる会社があったら勤務体制について細かく調べてみたり、実際に働いている人に事情を聴いてみたりすることができるでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.