電車運転士の仕事内容

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の仕事内容

電車運転士の仕事内容

電車運転士は何もただ漠然と電車の運転をしていれば良いというわけではありません。利用をするお客さんを安全に、そして時間通りに目的地まで送り届けることこそが電車運転士には求められることになります。電車運転士には三大原則があり、安全であり、正確であり、快適に送り届けることが求められるのです。都市部エリアでは、何百人、何千人といった乗客の命を預かることになるわけですから、安全面は何よりも優先されるべきものになります。

安全な運転を実現させるために、長い期間の研修を受け、試験をパスし、電車運転士となった後も日々努力を怠らないように運転技術を磨いているというのが通常の運転士の姿になります。電車の運転は、電車マニアが言うところの職人芸だと言われていますね。それは、ブレーキの掛け方一つでも、車輌の違いによってタイミングが違いますし、同じような車輌であっても、気象条件や乗客人数などによっても変わってくると言われているからです。

次いで正確さも当然に大事になりますね。電車はダイヤ通りに動くことが当然と利用者は思っていますから、その信頼を裏切らないためにも、正確な運転が必要になるのです。もしも自身が運転している電車が少しでも早かったり遅かったりした場合、その電車を利用している乗客ばかりでなく、その後の電車にも同じような影響を与えてしまうことになるのです。電車のダイヤは秒単位で組まれているため、いかに正確に運行するかで電車運転士の評価は違ってくるのです。

他にも基本的にはサービス業であるということを忘れてはいけませんね。電車運転士は、駅員であったり、車掌といった同じ現業職と比較すると、乗客に接する機会というのは少ない傾向にあります。しかしながら、運転席などはガラス張りになっており、運転している姿などはチェックされているものです。適当な態度や横柄な態度を取って運転をしていれば、当然に所属している鉄道会社のイメージに悪影響を与えることになってしまうのです。

とにかく予期せぬトラブルなど、緊急時の対応も求められることになりますから、常日頃からもしもの場合の緊急措置を訓練したり、頭に入れておくことが重要です。何が起こっても常に冷静であり、的確な判断力が求められます。万が一の場合には、判断から実行に移すまでの時間が勝負である場合も多いですから行動力も求められることになるのです。仕事の内容は電車の運転ですが、気をつけるべき点や心がけるべきものは沢山に存在しているのです。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.