電車運転士の勤務体系

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の勤務体系

電車運転士の勤務体系

電車運転士になりたいと思っても、ほとんどの情報が回ってくることはなく、謎に包まれていることが多いですよね。特に電車運転士の勤務体系はどのようになっているのか気になっている方は多いのではないでしょうか。ここでは、電車運転士の1日が大体どのような流れになっているのかを紹介していきましょう。基本的に、一般企業で働いているサラリーマンのように、8:00から17:30までというような固定時間では働いていないのが電車運転士になります。

それぞれの鉄道会社によっても、まちまちだとは思いますが、泊まりと夜勤明け、更には日勤と休みというサイクルがあり、これを毎日繰り返しながら仕事をしていくという勤務体系になります。一般的な企業に勤めている方では、このサイクルはかなり面食らう可能性があるといえるでしょう。他にも、休憩はもちろんですが、仮眠といったものが設けられているケースもあり、その場合は、丸一日働くという勤務体系になります。

他にも朝から夕方までといったものや、早朝からお昼すぎまで働くといった勤務時間もあり、それらをランダムに繰り返しているのが電車運転士の勤務体系になるのです。一般的な仕事のように決められた朝の時間から夕方など勤務時間が毎日固定されているわけではないということは、事前に把握しておきたいところですね。こういった勤務体系を見ていると、医療従事者に非常に似ている傾向が見られます。ドクターやナースといった職種の方もこのような勤務体系で働いていることが多いですね。

電車運転士の場合には、基本的には数十分から、90分前後の運転を同じ電車車両で続けて行なった後、今度は違う車輌に乗り換えをしてまた数十分から90分程度の運転をするということを一日に何度も繰り返します。これは安全のためで、人間の集中力というものを考慮して緻密に計算されています。ここが似ているとはいえ、医療関連の職種とは違う所でしょう。

また同じ不規則勤務であり、人員不足傾向のある高速バスなどでは、事故が多く問題になっているにも関わらず、電車の事故というものが滅多にないというのは、こういった細心の注意を払っているからにほかなりません。勤務体系がここまで多く用意されているのも、利用者の安全というものを再優先に考えており、これまでの電車の運行の経験と、緻密に計算されたスケジューリングの賜物と言えるのではないでしょうか。こういった特殊な勤務体系に慣れてからという目的があって、いきなり電車運転士になれない仕組みが作られているとも言えるでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.