電車運転士の転職と研修

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の転職と研修

電車運転士の転職と研修

電車運転士になるには、長い年月が必要です。鉄道会社に入社するとまずは駅員、車掌業務から始め、研修に次ぐ研修を経て先輩の指示を受けながら現場での経験を積んでいきます。その後に動力自動車操縦者運転免許という電車運転士の資格である国家試験に挑戦することが出来、晴れて電車を運転できます。電車運転士までの道のりは多くの講習と研修によって成り立っているといっても過言ではありません。

電車の事故は一つ間違えると多くの死者を出すこともあり、そのため資格を取ったからと言っても、すぐに一人前の電車運転士として働くわけではありません。それぞれの鉄道会社によって違いはありますが、天災や事故の際の安全確認や乗客移動に関する研修、また運転に関しても新しい型の電車が出るたびに研修など、電車運転士として働く為に様々な研修を受けることが必要です。そして、国家試験である動力車操縦者運転免許の取得が必須となりますが、この取得を目指すためには、国土交通省が指定する施設で9カ月程の教習を行わなければなりません。大手鉄道会社に所属している場合には、その会社の施設が指定となっていることが多いです。動力車操縦者運転免許を取得する前に、会社独自の試験に合格することが必要な鉄道会社もあります。

動力車操縦者運転免許を取得したあとも、研修が終わるわけではありません。ダイヤに応じた正確な運転技術を身に着けるには、実際に電車を動かして訓練することが不可欠です。また運転技術だけでなく、事故時の応急措置を始めとする対応なども研修が行われます。こうした実地研修は先輩のサポートを受けながら約1年行い、ようやく運転士として働くことができるようになります。会社によっては、入社から電車運転士として働くまでに5年を要することもあります。実際に運転する電車は非常に多くの乗客の足として運行しますので、その責任ある職務からこうした厳しい研修と訓練が必要なのです。

現在の鉄道業界は、団塊世代の電車運転士の退職時期に呼応して、求人が活発化しています。運転士の育成にはこのように多くの研修と時間が必須であるために未経験者による転職にはやや消極的で、より年齢として若い方を採用する傾向にあります。一方、国家資格を既に持っている電車運転士の転職は、就職後の研修が大幅に短縮でき、会社にとってのメリットが大きいので、将来性は明るいでしょう。また、都心の鉄道会社では新しい路線の増設などで電車運転士の需要が増えつつあります。しかし地方では赤字の路線も多く、中には廃線に追い込まれている鉄道会社もあります。こうした地方の現状から、需要の高い都心の電車運転士への転職に注目が集まっているようです。ただし、当然ながら会社によって規定が異なり、路線に慣れるための研修は必要です。安全な運行を行うために、電車運転士と研修は切っても切れない関係にあります。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.