電車運転士の給料(年収)

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の給料(年収)

電車運転士の給料(年収)

電車運転士という業界関係者でしかあまり情報が回ってこないような職業の場合、気になることだったり疑問になることは沢山にあることでしょう。その一つが給与面になります。電車運転士の給与は一体いくらくらいなんでしょうか。基本的に電車運転士になるためには、鉄道会社に入社してから、ある程度の年月を有さないといけませんし、その上で様々な経験を積み、研修を受けたり、試験をパスしなければなりません。

一般的に高等学校を卒業した後に入社するケースがほとんどなのですが、入社時は現場職と呼ばれる扱いになり、初任給は月給で16万円から18万円が相場と言われています。これはあくまでもスタートの給与であり、現場経験を重ねていく内に、もちろん給与はどんどんとアップしていくことになります。そこから前述のようなステップを経て、電車運転士になってからの平均年収は、30歳で大体600万円前後と言われています。また、地方エリアの私鉄などでは平均で400万円前後の年収と言われています。

あくまでもこれは一例であり、勤務経験やその年ごとの鉄道会社の業績次第によって、上下すると言われています。更に鉄道各社によっても、給与面ではばらつきがあるとされていますから、一概にいくらということは難しいのです。更には勤務地による違いは当然に起こってきます。地方の田舎で30分や1時間に一本というような所と、都市部の3分や5分間隔でダイヤが入り乱れているような所では当然に忙しさも違ってきます。

もちろん都市エリアの方が年収は高く設定されています。更にいえば、鉄道会社の企業規模によっても年収は大きく変わってきます。当然に中小規模の鉄道会社や運輸サービス会社などよりも、大手鉄道会社の方が年収面ではかなり差が出てくるとされています。他にもやはり年齢によって、年収は増加していく傾向が見られています。30代前半で560万円前後。30台後半では600万円台になります。

40代に突入すれば、600万円台中盤から後半といった年収を獲得出来ますし、50代から定年までは800万円近い年収を獲得できるとされています。このように勤続年数によって、どんどんと年収はアップしていくのです。職種によっては、50代も後半に入ると年収が落ちるといった傾向もあるのですが、電車運転士の場合は、50代後半での年収が一番高く設定されているのです。一般企業同様に年に一回の昇給システムがあるため、勤続年数が増えれば増えるほどに年収が高くなっていくのは当然と言えるでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.