電車運転士の転勤

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の転勤

電車運転士の転勤

電車運転士の転勤は非常に珍しいと言えます。これは電車を走らせる上で、安全確保を第一の目的にしていることが要因です。電車運転士は、どの区間のどの場所がどのようにカーブしているか、上り坂・下り坂はどこにあるか、傾斜はどれくらいかなどをしっかりと把握して運転する技術が求められます。そのためより高い安全を維持するために、同じ路線を担当し続ける場合が多いのです。

また同じ人間が同じ路線を日々運転することで、レールの劣化などにも気づき易くなると言います。これも電車を安全に走らせる上で非常に大切な事です。電車運転士自身が異動願いを出すことは可能ですが、こうした安全対策としての理由もあり、異動が叶えられるのは非常にまれで、その場合も数十年を経て管理職クラスになってやっと、という事例が聞かれます。また、頻繁ではありませんが、都心の場合、路線の増設や廃止、あるいはダイヤ改正などによって、大幅な人事異動が行われることがあります。

首都圏の通勤電車である鉄道会社であれば、電車運転士の転勤は同じ地域内で行われます。JRを始めとする広い地域で事業を展開している鉄道会社では、住んでいる県から他県への転勤という場合もあります。電車運転士として別の路線や車両区に転勤する事は少ないですが、仕事の内容が運転士から車掌業務や事務職へ、または管理職への昇進に伴った転勤といったケースは比較的見られます。

一方、同じ鉄道会社の中でも車掌業務や駅業務に関しては、異なる路線や車線区に移る、といったかたちでの転勤があります。電車運転士として転勤した場合、新しい路線の駅名や路線状況、信号の位置、ブレーキタイミングなどを覚えるために例えベテラン運転士であったとしても、移動先の先輩運転士が同乗の上で訓練が必要となります。一から覚え直し、と言ってもいいかもしれません。異動後、安全な運行を行うまでにこうした訓練や研修に時間を要するので、電車運転士の転勤は非常に少ないのです。

地方で転勤となるケースで多いのは路線が廃線となった場合に伴う転勤です。なかには電車運転士としての仕事ではなく、鉄道会社系列の百貨店やホテル、飲食店などの関連事業に転勤することもあります。別の職種になったとしても、電車運転士の動力車操縦者運転免許は更新のない、実質終身免許のため、運転士として現役復帰したい、また同業他社へ再就職したいという時にも活かすことができます。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.