電車運転士の募集先

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の募集先

電車運転士の募集先

電車運転士での転職を希望している方の中には、募集先はどういった企業が多いのかというのは気になる所でしょう。基本的に電車運転士の募集先は大手鉄道会社からが多くなっています。電車運転士の需要は当然に鉄道会社くらいになりますから、当然といえば当然ですね。基本的にJRなどの大手では、定期的に電車運転士のみならず現業職と呼ばれる人員の補充を行なっている状況です。これはこれまでの運転士の主力であった段階の世代が定年を迎え引退していることが大きな影響を与えています。

特に若い世代の需要が高く、早く自社のカラーをまとった電車運転士を育てたいという考えを持っている鉄道会社が多くなっています。しかしながら、路線などによっては完全に赤字経営になっていることも多いことから、コスト削減が急務となっている所も多く、大幅な人員確保には乗り出せていない所も見受けられます。これまでは地方路線が経営的に苦戦を強いられてきましたが、南三陸鉄道を始めとしてドラマなどのヒットや独自のサービスを提供することによって、黒字経営へと転換しているところも少なくありません。

現在はどのような業界、職種でも大卒者は優遇されますし、ほとんどの若者も大卒の肩書を欲しがるものですが、電車運転士は未だに高卒が主流になっているという珍しい職種でもあります。過去に採用実績のある高校などへと鉄道会社が求人情報を出し、そこで募集をするといった昔ながらのスタイルが現在でも継続されています。

他にも近年では鉄道科や鉄道コースといった専門学校も存在しており、こちらも高等学校同様に鉄道会社の募集先としては有名です。高等学校とまったく同じで、求人情報を公開し、応募を募るといった形を取っています。ただし高等学校と比較すると、その数はぐっと減少している傾向があるため、採用実績がどのくらいの専門学校であるのか、入学試験を受ける前に是非とも確認し、少しでも採用実績の高い専門学校を選択すべきでしょう。

大学まで進学してしまったケースでは、基本的には高等学校や専門学校のように鉄道会社側から募集先として大学に採用情報を公開するということはありません。ほとんどの場合は、希望者自身が自ら鉄道会社の求人をこまめにチェックをして、求人があればそれにエントリーをするといった応募の仕方しかありません。ここら辺は社会人の場合と同様になります。大卒以上の方は、募集先にはなっていませんから、可能性の高い転職エージェントに登録をするべきでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.