電車運転士の再就職

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の再就職

電車運転士の再就職

電車運転士の就職事情は他の職種とはだいぶ異なります。電車運転士になるためには、まず希望する鉄道会社に入社しますが、いきなり電車運転士になるということはほとんどありません。まず、運行管理や安全部門などで働き電車についての仕組みと運行システムについて学びます。その後、車掌を勤め所定の研修を受け資格を取得したら電車運転士として働くことが可能となります。このように、電車運転士はそれぞれの鉄道会社が、一から教育して時間をかけてスキルを身に付けさせることによって生まれます。

こうした背景がありますので、電車運転士が他の鉄道会社に移動するということは、他の業界に比べると多くありませんし、実際にそれほど大きなニーズがあるわけではありません。電車運転士候補として研修を積んでいる途上の社員がどこの会社にもたくさんいますし、電車運転士になりたいという希望を持つ人もたくさんいるからです。わざわざ再就職を希望する人を外部から雇う必要はないというわけです。他の会社に勤めていた人が再就職として、新たに別会社に入ることはなかなかありませんが、じっくりと求人情報を探せば募集を見つけられることもあります。

都市部の鉄道会社では少なめですが、地方の鉄道会社では不定期ではありますが募集を見つけることができます。給料などの雇用条件では低めの水準となりますが、好きな仕事を続けるための環境が整っていますし、地元のお客様のために役に立てるというやりがいを感じることもできます。

また、家庭の事情などで一時的に電車運転士としての仕事を離れていた人が、仕事に復帰したいと再就職を考える人も少なくありません。豊富な実務経験を持つ電車運転士であれば、その実績を買われて採用に前向きになってくれる鉄道会社もあります。再就職のための活動を行う際には、以前に行っていた仕事についての経験を積極的にアピールして、採用担当者に良い印象を与えられるようにしましょう。

電車運転士になりたいという人は若手にもたくさんいますので、しっかりと自分の実績についてアピールして、会社にとってとても貴重な人材となるということを知ってもらう必要があります。そのためにも、職歴についての記入を入念に考えることや、面接対策を時間をかけて行い、受け答えをあらかじめ考えておくことなどを重視しましょう。自己PR次第で採用の可能性が大きく変わるものですので、じっくりと時間をかけて準備するようにしましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.