電車運転士の求人倍率

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の求人倍率

電車運転士の求人倍率

電車運転士に憧れを持ち、転職を希望している方は多いものでしょうが、なかなかに求人が見られないということで有名な職種でもありました。以前までは中途採用枠などはまったく用意されず、求人倍率が低い職種ということでも有名でした。それ以前にどこで求人を見つけることが出来るのか、どういう風に募集されているのかが分からないという方が多かった職種でもあるのです。つまりは、長年閉ざされた世界的なニュアンスが強かった職種なのです。

こういった状況になっていたのには、しっかりとした理由があり、中学生の時点である程度に電車運転士として進路を決めていなければ、電車運転士としての進路から外れてしまうことが多かったからなのです。鉄道会社の多くは、毎年採用実績のある高等学校にのみ求人情報を出しているというのがスタンダードな人材募集の方法だったため、採用実績の高い高等学校へと中学校の時点で狙いを定め入学していないと、ルートは開かれていなかったのです。

このため鉄道関係の仕事に就きたいと大学などの時代に思っても、局採用が一般募集されておらず、泣く泣く鉄道会社の現業種を諦めたという方は現在の30代や40代以上の方には沢山にいらっしゃいます。しかしながら、人員が充実していた団塊の世代が現役引退を迎えたり、間近に迫ったことから、各鉄道会社も従来の募集方法に加えて、中途採用枠での募集を積極的に始めたことが現在の状況を生み出しています。

長年、電車運転士を始めとする鉄道会社の現業職の求人倍率は、2倍以下というなりたい方には厳しい状況が続いていました。しかしながら、時代が進むに連れ、4倍になり、現在では新卒者のみならず、鉄道関連会社での経験が未経験でも、比較的若い年代であれば、中途採用枠での採用の可能性も高いような時代になっているのです。求人倍率だけを見ると、昔と比較して、随分と求職者に有利な状況になっているというのが現状なのです。

以前までは、工業系の高校で、ある程度機械関連の知識を有している人材が望ましいとされていましたが、根本となるのは、サービス業であるということが見直され、そこからは人間性やコミュニケーション能力の高さという所にスポットが当たっているという傾向が見られます。中途採用の場合には、年齢にもよりますが、鉄道会社での経験や動力車操縦者運転免許の取得者が優遇されますが、新卒者や第二新卒者の場合には、有効な資格などは存在しないと思ってもいいでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.