電車運転士の転職と夜勤

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の転職と夜勤

電車運転士の転職と夜勤

電車運転士の勤務は電車が車庫を出てから戻ってくるまでの間に、泊りと呼ばれる夜勤、始発から出勤、また日勤と休みを繰り返しながらスケジュールが組まれています。また実際に電車に乗車する前にはアルコールの検査が義務つけられ、そのほかにも車両の点検なども行われます。電車運転士の勤務の中でも、夜勤がもっとも過酷で負担のあるスケジュールだと言われています。最終電車の運転を終え車庫に車輌をもどし、始発まで仮眠をとるという体制です。仮眠といっても車輌点検やその日の報告書の作成、始発の準備を行うために、ほとんど寝る時間はありません。

この夜勤の仕事は最も過密率の高い朝の通勤時間帯も運転する事が多く、ほんの少しの気の緩みが大きな事故に繋がるために、睡眠不足であっても非常に神経を使うので多くの運転士が苦手とするローテーションです。また、不規則な生活サイクルになるために、体調管理も万全にしておく必要があります。しかし、鉄道各社で勤務時間は労基法に沿って計算されているのでその点は心配はいりません。また、1日のスケジュールは仕業表で設定されているため、残業もあまり起こることはないと言えます。とは言え、夜勤により精神的にストレスを感じたり、体調を崩してしまったりという電車運転士は少なからずいらっしゃいます。こうした悩みを抱える電車運転士の中には、運転業務から駅の業務や管理職へと移っていく方も少なくありません。

電車運転士の転職を検討する際には、こうした夜勤乗務があること、不規則な生活が強いられることを念頭に置いておきましょう。複数の運転士が交代で勤務するという体制のため、夜勤を避けて勤務することは難しいと言えます。また、夜勤には手当がつくため、給料面は同年代の一般職より高くなる傾向です。回数をこなせばその分手当が追加されるので、魅力的な勤務でもあるでしょう。都心に比べ地方の場合、最終電車が比較的早い傾向にあるため、それにともなってその後の時間に余裕がある会社もありますが、ワンマン列車の場合車掌業務を兼任する場合があります。各会社の特性を見て選択することが重要なポイントとなります。夜勤がある反面、休暇などは比較的取りやすい会社が多いです。

常に人材不足と言われる電車運転士は、多くの鉄道各社で求められています。転職したい鉄道各社の勤務形態や現役電車運転士の声など、できるだけ情報を集めることをおすすめします。鉄道各社は自社ホームページや転職支援サイトを通じて情報を公開しています。実際の勤務の様子に触れることで、自分の入社後の姿を想定するのに非常に役立ちます。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.