電車運転士の志望動機

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の志望動機

電車運転士の志望動機

電車運転士になるためには、当然に鉄道会社の採用試験を受ける必要がありますね。こういった場合に重要になってくるのは、やはり志望動機と言って良いのではないでしょうか。志望動機が曖昧な場合、大事なお客さんの命に関わることになりますから、不適当な人間の採用は見送られることになるのです。電車運転士を希望している方は、100パーセントに近い確率で電車そのものが好きな方が多いですね。ですから、好きだというのは当たり前すぎて、志望動機にも何もならないことが多いのです。

確かに電車が好きだからという志望動機は、本音中の本音であることは、十分に理解出来ます。しかしながら、転職活動や就職活動の場合は、やはり他人との差別化を図ることや、誰もが納得するような説得力を持たせる必要もあるのです。こういった点を考慮して、志望動機を考えていきましょう。電車が好きということから、もう一段階も二段階も掘り下げた志望理由が欲しいところなのです。

志望動機としてよく見られるのは、自身が理想とする電車運転士の将来像を絡めて志望動機にするもの。他にも運転士として利用して頂く乗客に対して、どのようなサービスを提供したいと思っているのかなどはスタンダードな志望動機内容といっていいでしょう。ただしこれだけでは、どの鉄道会社でも良いといったような印象を採用側に与えてしまうことになりますね。ですから、事前に転職希望先の情報を徹底的にリサーチすることが必要なのです。

鉄道会社によって、例えば駅で流れる発射の音楽にも違いがあったり、駅名の呼び方やイントネーションなどに違いがあるように、カラーというものは確実に存在します。なぜその鉄道会社に転職したいのかという熱い気持ちをしっかりと志望動機の中に織り交ぜておきましょう。転職希望者の場合は、なぜ前職の鉄道会社ではなく、希望先を選択したのかという理由は、非常に気になる所だと思います。

経験者枠の転職希望者の場合は既に動力車操縦者運転免許をお持ちですからあまり配慮はいらないでしょうが、未経験者の転職の場合には、当然に運転士になるまでには駅員や車掌としての業務も担当することになりますから、運転士への思いばかりではなく、これらの職種に関しても、興味や関心があることをしっかりとアピールしておきたいところですね。転職エージェントに登録をすれば、志望動機の作成サポートはもちろん、企業情報がかなり細かいところまで手に入れる事が出来ます。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.