電車運転士の中途採用

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の中途採用

電車運転士の中途採用

電車運転士の中途採用はどのような状況になっているのか気になっている方は多いことでしょう。ここ10年以上前までは、中途採用枠というものはほとんど見られない状況でした。それはベビーブーム世代と呼ばれた団塊の世代が主力になっていたという背景があったからで、鉄道会社も新卒者を採用し教育していれば、十分に対応出来ると感じていたからにほかなりません。主力である団塊の世代がここ10年で定年を迎え、いよいよ人材不足の心配が出てきたといった状況になっています。

これはどこの業界でもそうなのですが、少子化の影響によって、人材不足に陥っている業界は少なくありません。作業をオートメーション化出来れば、それに対応することが出来るわけですが、電車運転士のようなマンパワーが物を言うような職種の場合、どうしても新しい人員を確保しなければならず、10年以上前の状況と今現在の状況では、電車運転士の中途採用は非常に豊富に見られるようになっているのです。

人口そのものが減少傾向にあるため、鉄道を利用する人数も減ってきています。これはつまり経営に関しても大きな打撃を与えてしまっているということです。人員補充はしたいけれど、コストカットの必要性も出てきたという矛盾を抱えながら、現在の鉄道会社は運営されている状況なのです。これまでの鉄道会社では新卒者を雇い、長い年月を掛けて自社のカラーや思いというものをしっかりと把握出来ている電車運転士を育成してきました。

しかしながら、これには多額のコストが掛かるため、現在では新卒者の採用枠をある程度に抑え、同業他社で育成し、実績を積んだ電車運転士の中途採用枠を増やしているというような状況になっています。電車運転士には、鉄道会社が変われども、それなりの育成期間は平等に設けられているような状況ですから、コストカットとの兼ね合いで完成品を欲しがる鉄道会社が増加している傾向が見られています。電車運転士の資格と資質を備えていれば、完全なる売り手市場で転職活動を進めることが出来る時代だと言われています。

若い内からキャリアを積み、電車運転士の資格や付随する資格を取得していれば、中途採用で重宝されることになるでしょう。それでも人材不足の不安は拭い切れないため、ある程度に年齢は制限されるものの、未経験者でも中途採用枠での採用を行い始めているような現状です。しかしながら、やはり電車運転士としてスムーズに転職を実現したいのであれば、キャリアを積んでおくことが最低限必要と言えるでしょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.