電車運転士の面接対策

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の面接対策

電車運転士の面接対策

電車運転士として転職するためには、やはり面接試験は受けなければなりません。当然に鉄道会社別に面接対策などを講じておくことが望ましいといえるのです。鉄道会社が主な転職先になりますが、この場合、鉄道会社本社などでの内勤ではなく、現業種の試験を受けなければなりません。鉄道会社の採用試験では、筆記試験と面接試験の両方があるのがスタンダードな形です。面接試験の場合は、特に人間性を見られる試験と思って間違いないでしょう。

電車運転士にとって、人間性といったものは非常に大事です。特に難しい質問ばかりが飛び交うわけではありませんが、どうして電車運転士になりたいと思ったのかなどは、ストーリー仕立てでしっかりと用意しておくことをオススメします。他にも鉄道に対してのイメージなどは未経験者には問われることが多い質問と言われていますね。経験者の場合には、運転士としてのキャリアパスなどに質問が集中することが予測されます。

運転の技術だけあればいいというわけではありません。なぜならば、立派なサービス業だからです。また、動力車操縦者運転免許の資格を取得するまでは、駅員をしたり、車掌といった利用客と接する仕事に就く必要があり、そこには誠実な人柄と、コミュニケーション能力の高さが求められることになるのです。こういった条件を満たしていることを、面接の場でアピールしていくことが採用に繋がっていくのです。

またダイヤなどを守る正確さなども電車運転士には求められますから、ルールや時間といったものをきっちりと守る事が出来るような几帳面な性格を持ちあわあせているのか。他にも真面目な人間であるのかどうかといったところもチェックされることでしょう。既に電車運転士として活躍された経験がある転職希望者であれば、そこら辺は認識出来ていると思いますが、未経験者の方であれば、運転士という職種に求められるものをしっかりとリサーチしてから面接対策を練りましょう。

面接で特に注意をして欲しいことは、どうしてその鉄道会社でなければならないのかという理由を明確化することです。ここに説得力がなければ、あまりいい印象は与えられません。近年では収益をしっかりと挙げたいという思いがあることから、鉄道会社各社がしのぎを削っている状況であり、独自のカラーを出していることが多いですから、見つけられやすいでしょう。様々な情報を収集出来たり、面接対策を練りたいのであれば、転職エージェントが断然にオススメです。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.