電車運転士に多い悩み・苦労

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士に多い悩み・苦労

電車運転士に多い悩み・苦労

電車運転士として働いている人のほとんどは、この仕事に就きたいと思ってきた人ですので、楽しみながら仕事をしています。しかし、どんな仕事でもそうであるように、悩みや苦労があります。電車運転士に多い悩み・苦労の一つとしては、勤務時間が不規則になりがちであるということがあります。都市部の過密ダイヤの中で各路線を走らせている会社では、どうしても通常の日勤だけでなく、早番や遅番、夜勤、一日通しでの勤務などが出てきます。こうした異なる勤務シフトが混ざってしまい、かなり不規則となってしまうのです。それによって体力的に負担を感じることもありますし、プライベートの時間や家族のための時間を取ったりすることが難しくなることがあります。

他の悩みとしては、強いプレッシャーを感じることがあるということでしょう。日本の鉄道事情は世界に誇れる正確な時刻での運行が特徴となっています。それだけ大勢のお客様のために役立っていること、プロフェッショナルとして一分の隙もないほどの正確さで運行しているということに誇りを持てますが、同時に正確なタイミングで電車を走らせなければならないという重圧もあります。また、大勢の人の命を預かっている身でもありますので、ちょっとしたミスが大きな事故につながりかねないというプレッシャーも出てきます。もちろん、高い技術と信頼できるサポートによって安全かつ正確に運行できるという安心感はありますが、電車運転士の技量が求められる部分も多いので、どうしても精神的な負担を感じる場面も出てくることでしょう。

そして、電車運転士の悩みとして多いのが肉体的な痛みです。長時間座っているもしくは立った状態で運転をしていますので、足や腰が痛くなったりすぐに凝りやすくなったりすることがあるのです。体力的に無理が生じないよう、集中力が途切れることないよう、各鉄道会社では連続運転時間や本数に限度を設けています。しかし、毎日のように同じ体勢で仕事を続けていると職業病のようにこうした肉体的な負担がかかってくることがあるのです。

このように、電車運転士にもいくつもの悩みや苦労がありますが、それを上回るほどのやりがいや達成感を味わうことができるでしょう。何より好きなことをしながら仕事ができるというのは、電車運転士ならではのメリットでしょう。良いところに目を向けて仕事に集中し、喜びを持って自分のスキルを伸ばしていくように努めていきましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.