電車運転士の将来性

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の将来性

電車運転士の将来性

現在、現役の電車運転士の多くがいわゆる団塊の世代の人たちで、近年中に多くの退職者が出ると見込まれています。また、都心の路線増設などにより電車運転士は常に人材不足であると言われ、若手の育成が急務となっています。そのため、鉄道会社も積極的に求人を行なっており、そうした面から考えれば将来性は明るいと言えます。なかには長い実務経験が必要だった電車運転士の資格習得も、今後はもっと短い時間で試験に挑戦出来る様に、と考える会社もあります。これは電車運転士になりたかったけど時間がかかるので諦めていた、という人にとってはチャンスでしょう。

ところが、電車運転士という職業は国家資格の取得に加え多くの研修と訓練を必要とするため、その時間を出来るだけ少なく抑えるために、既に資格を持っている人の中途採用を始めている会社も出てきています。新卒者や入社後、車掌業務を経て実体験を積み、動力車操縦者運転免許の国家試験を受け、実地訓練をし……そういった期間を大幅に減らして実務に立てる中途電車運転士が注目されているのです。と言っても、電車運転士の仕事は体力を使い、出来るだけ長い年月を働き続けて欲しいということから、鉄道会社はより若い人達を求める傾向にあります。

また、都心と地方でも電車運転士を取り巻く現状は異なります。首都圏を始めとする都市部では、地下鉄や電車を私たちの足として使っています。都心部では新しい路線が増えており、またそれぞれの路線が他の鉄道会社と乗り入れを行いますます複雑化しています。そのため、都心では常に電車運転士を求めているという状況にあります。路線の利用者が多いことから、長い期間育成が必要となる、新卒者や未経験者の転職も比較的受け入れやすいと言えます。

一方、地方においては、車社会になっている地域が多く通学のみしか使われていないところや、高齢化や少子化、人口流出により利用者が少なくなってしまったという赤字路線もたくさんあり、電車運転士の資格を持っていても仕事がないという状況が発生しています。地方における電車運転士は都心へと転職したり、同じ鉄道会社内で展開している関連事業ホテル経営や、地元の産業を後押しするような、観光事業などの仕事へ異動するといったケースもあります。電車運転士という特性のある職業上、こうした職務へは自ら望んで異動することがほとんどですが、こうした事業も鉄道を活性化させるために重要な役割を果たしています。関連事業の成功が沿線の利用者を産み、新しい電車運転士の雇用へもつながっていくのです。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.