電車運転士の公務員採用

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の公務員採用

電車運転士の公務員採用

電車運転士になるには、鉄道会社が募集をかけている高校や専門学校から就職ののち、駅業務や車両業務を経験し、電車運行上の安全確認や運行上における研修を経た後、動力車操縦者運転免許という国家試験を受ける必要があります。この電車運転士になるための育成期間は、会社から給料が出るその会社の社員です。電車運転士の身分は所属している会社や自治体で決まってきます。働いている会社が株式会社であれば会社員、そして東京都の都営地下鉄、都電といった公営の鉄道区分で電車運転士として働いていれば公務員となります。

公務員の電車運転士として働くには、どのような方法があるのでしょうか。JRの場合、以前国鉄と呼ばれていた頃は職員は公務員という扱いでしたが、1987年に民営化を行なって企業化したため、公務員ではなくなりました。現在公務員の電車運転士は都営地下鉄や市営地下鉄、あるいは市営で運行している路線電車などの運転士です。営団地下鉄や都営地下鉄に乗り入れする、私鉄路線に所属している電車運転士は、所属会社の社員となりますので公務員ではありません。東京都の公務員でもある、都が運営している路線、都営地下鉄や荒川線、舎人ライナーの電車運転士になりたい場合は、東京都交通局に鉄道営業として入社し、駅業務を経験後に車掌業務を行い、運転士への道が開けることになっています。このように公務員とした電車運転士になりたい場合には、まずは電鉄を運営する自治体の交通局に就職する事が必要です。この電車運転士の公務員採用に関しては、自分が就職したいと思っている自治体のホームページや転職支援サイトの求人情報から情報を得ると良いでしょう。

公務員の電車運転士も他の会社の電車運転士と同じように、膨大な時間の運転実施の講習と運行上の安全面、路線内での事故や天災時の避難誘導や防災訓練や研修を受け、資格をとって安全に電車を動かし乗客の足となって、毎日のスケジュールをこなす事になります。主要都市の多くに地下鉄が走り、JRを中心に通勤圏が作り上げられます。日本の通勤、通学の殆どの人がこの電車を利用していると言っても過言ではなく、日本人の大切な足とも言える交通機関です。電車運転士の仕事は子供には非常に人気があります。どの鉄道会社でも長い時間を掛けて、信頼できる運転士を育てています。公務員であろうと会社員であろうと運転士の仕事に誇りを持って勤務されていることに変わりはありません。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.