電車運転士の適性(向き・不向き)

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の適性(向き・不向き)

電車運転士の適性(向き・不向き)

電車運転士になりたいという人は多くいますが、採用のための枠は狭いためすべての人がなれるというわけではありません。電車運転士になるための適性というものがありますので、自分が向いているかどうかをチェックしてみると良いでしょう。

電車運転士に向いている人の特徴としては、しっかりと時間通り規則通りに業務を進めていけるということが挙げられます。電車の運行は一分の遅れも許されないほどの緻密なものですし、一歩間違えると大きな事故や多くの人に迷惑をかける事態になってしまうことがあります。また、電車を運行させるために、鉄道会社ごとに細かい規定が決まっています。その規定を守らないと周りの同僚に迷惑をかけることになりかねませんし、会社に何らかの損害を与えることもあります。時にこうした規定は、とても細かい項目もあるため従うのが面倒に思えることもあるでしょう。しかし、それでも規定を守ることによって組織としての秩序を保つことができますし、結果的に緻密なダイヤを確実に守れるようになるのです。

そして、電車の運転が大好きというのも重要なポイントです。毎日同じ業務の繰り返しですし、何らかの事故や天候不順などによって運行が乱れてしまい、お客様からの苦情に遭うことも少なくありません。本当に仕事が好きでいろいろな困難があるとしても、それに打ち込んでいける人である必要があるのです。電車運転士になりたいと考える人は多いので、周りの人に負けないほどの熱意を持って仕事に取り組んでいくという態度はとても重要で、電車運転士の研修を受けて実際の業務に出るための基準の一つとなります。

また、忍耐強く目標に向かって努力できるという資質も重要です。というのも、電車運転士になりたいと思って鉄道会社に就職してもすぐに電車の運転に携われることはまずないからです。最初は安全管理や車両メンテナンス、お客様案内などの仕事を行い、慣れてくると車掌の業務に就くようになります。その後、研修を受けて試験をパスして初めて電車の運転に携われるようになります。ここまでの段階に至るには、それなりの時間がかかりますし、忍耐が求められます。

時にお客様の苦情に対応することが多くなったり、体力的に大変な業務が続いたりすることもあります。目標に到達するまで、意志を強く保って貫き通す強い姿勢が求められるでしょう。しかし、こうした過程も電車運転士としてやっていけるかどうかのテストでもありますので、頑張って努力を続けていくようにしましょう。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.