電車運転士の年齢制限

電車運転士求人TOP >> 電車運転士転職の基礎 >> 電車運転士の年齢制限

電車運転士の年齢制限

電車運転士に転職を考えている方でも、年齢制限は気になる所でしょう。基本的には、電車運転士になるために必要な動力車操縦者運転免許には、年齢制限は設けられていません。しかしながら、実際の電車運転士の求人では、高卒者をメインとして、若い年代の求人が目立ちます。結局の所、年齢制限があるのではないかと思っている方もいらっしゃると思います。ただし、一度鉄道会社に入社し、電車運転士になることが出来れば、定年まで働くことは普通に可能です。

ただし動力車操縦者運転免許には厳しい身体審査というものが用意されており、聴覚や視覚、更には色覚といったものの条件をクリアしていなければ、電車運転士の資格を取得することは出来ませんし、その上で電車運転士として働くことも出来なくなります。この身体審査の条件をクリアしていれば、定年を越えても電車運転士として働くことは可能な職種なのです。お客様の命を預かっているわけですから、電車運転士としての条件を満たしておくことは重要なのです。

兎にも角にも、まずは鉄道会社に就職していなければ、定年以上で働く以前に電車運転士として働くことは難しいです。この鉄道会社の採用の場面で年齢制限が掛けられているケースがあります。基本的には、若い年代であれば、時間を掛けて一人前の電車運転士として育ててもらえる可能性はあるものの、ある程度の年齢を重ねた上で、未経験者であったり、電車運転士の資格を有していない方の場合には厳しいと言わざるを得ません。

こういったものは、鉄道会社に限ったことではありません。入社後のキャリアップというものを鉄道会社も一般企業も考えるわけです。特に鉄道会社の場合、電車運転士になる前のいわゆる下積み時代が長く設定されているため、スタート年齢が高い場合には、教育に掛かるコストに比べ、バックしてもらえる利益が少ないと思われるのは当然のことなのです。費用対効果を考えた場合、当然に長く働いてもらえる可能性の高い若い年齢を優先的にチョイスするのは当然のことなのです。

こういった年齢制限は、そこまで明確化されてはいませんが、鉄道会社が積極的に求人情報を提供している募集先を見れば、ターゲット層はある程度予測することが出来ます。鉄道会社がメインに行なっているのは、高校生や専門学校生までです。大学までに行くと、自らエントリーをさせるというスタイルに変わりますから、何気に鉄道会社の年齢制限は若いということが分かると思います。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.