電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】

電車運転士の転職の大事なポイント

電車運転士に憧れをいだく人は多いと思います。また最近では鉄道ブームのあおりもうけて、より一層人気が高まっています。求人案件はかなり少ないので転職のハードルは高い職業です。

転職サイトのリクルートエージェントでは、数少ない電車運転士の求人もタイミングによっては扱うことがありますので、登録しておけばチャンスの逃す心配がなくなります。電車運転士に必要な資格や知識のアドバイスも受けられます。

電車運転士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数の多さは業界トップのリクルートエージェント!一般的な求人検索ではなかなか見つけることが出来ない電車運転士の求人も、リクルートなら保有の可能性が高い!全求人の7割以上が非公開求人だから、非公開求人として募集されやすい電車運転士の求人も期待できます。JRや大手私鉄などの待遇面の良い求人と巡り会いたいなら、断然にここがオススメ。年代を問わず、幅広い年代の転職サポートに定評がある転職エージェント。こだわりの条件を満たしたい方にもオススメです。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
電車運転士の需要が高い20代前半などの新卒者、第二新卒者の転職サポートに定評があるのがマイナビエージェント。JRを始め、大手私鉄各社の新卒リクルートコンテンツも一任されている実績があるため、なかなか市場では見つけることが難しい中途採用枠の電車運転士求人の存在もかなり期待出来る!新卒リクルートを担当しているだけあって、鉄道会社各社の特徴や採用傾向、転職試験対策などが充実しているエージェント。未経験者でもチャンスがあります。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
クリエイティブ系の職種はもちろん、女性の転職支援に定評がある転職エージェント。typeの転職お役立ち情報は、転職を実現させるためのノウハウがたっぷり詰まっており、転職支援の質の高さを感じる事が出来ます。それぞれの状況に合わせた転職各種セミナーを定期的に開催しているため、特に求人数が少なかったり、転職成功例が多くない電車運転士での転職を目指す場合には役に立ちます。女性のための転職相談会は利用者から絶賛されています。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
現職の業界関係者が自社や業界の内情を赤裸々に綴っているとして、話題になっている転職エージェント。情報コンテンツとしての認識が強かったものの、転職サポートの質も高く、転職エージェントとしての評価も急上昇中。なかなかに現状が分からない電車運転士や鉄道会社についての内情など、とにかく情報を収集することが出来るから、転職の際に活かせる情報を取得出来る。自身がチャレンジ出来る条件を整えているのかもしっかりとチェック出来るエージェント。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
これまでの転職エージェントの常識を覆すようなサービスを提供し続ける転職エージェント「DODA」。求職者と採用側が納得できる後悔のない転職サポートを提供しているとして有名。急な人員不足のための補充求人が考えられる電車運転士の求人ではDODAが行なっている積極受入企業での求人が期待出来る。これまでにありそうでなかった痒い所に手が届くような転職サポートが評判を高めている。



電車運転士の求人を見つけるには?

電車運転士という職種は、滅多に中途採用求人が出てこない職種としても知られていましたが、近年では、一番人口も多く成り手であった団塊の世代の現役引退の影響によって、人手不足の傾向が強くなってきています。あまり若い年代での入職希望者が減っていることから、以前までは見られなかった中途採用の求人も、頻繁に見られるようになってきたのです。運転士不足に陥ってしまうと、少ない人員で電車の運行を行わなければならず、安全面に問題が生じてしまう可能性が高いのです。

もしも居眠りなどをしてしまうと、凄惨な自己にもつながり、鉄道会社の信用は失墜することになります。ですから、ギリギリの人員で運行するのではなく、少し余裕があるような状態を作り出したいと思うのは当然のことなんですね。ですから、一昔前と比較するとインターネットなどで検索するだけでも、比較的簡単に電車運転士の中途採用求人を見つけられる時代になったのです。

他にも一人前の電車運転士を育てるには、非常に時間と手間が掛かるものなのです。当然にコストも掛かることになりますから、未経験の新人を入社させ、教育して育てるよりも、出来れば既に電車運転士の免許を持っている人材に他社よりも高い給与などを出し、招き入れる方がコスト的にも安く済みますし、且つ即戦力として働いてもらえることで人員補充という目的も叶える事が出来るのです。

これまでは経験者の転職の場合ですが、未経験者の場合は無理なのでしょうか。絶対に無理だとはいいませんが、決して楽に電車運転士になれるほどに甘い道のりではありません。基本的には高校卒の新卒社員と同じステップを踏んでいくことになり、電車運転士になるまでには、とにかく時間が掛かります。まず年齢的な問題もありますが、明らかに年下の同僚や上司と上手く付き合っていけるのかという問題が生じますね。他にも初任給は16万円前後とされていますから、ご家庭をお持ちの方ならば、現実的にはかなり厳しいと言わざるを得ません。

電車運転士になるまでは、最速でも3年から5年は掛かることが通常ですから、こういったものに耐えることが出来れば、未経験の状態であっても、電車運転士の求人を見つけることは可能です。他にも契約社員からのスタートというケースも少なくありませんし、契約期間の間に資質がないと判断された場合には、契約を打ち切られることになりますから、しっかりと覚えておきましょう。

電車運転士の中途採用事情は?

電車運転士の中途採用はどのような状況になっているのか気になっている方は多いことでしょう。ここ10年以上前までは、中途採用枠というものはほとんど見られない状況でした。それはベビーブーム世代と呼ばれた団塊の世代が主力になっていたという背景があったからで、鉄道会社も新卒者を採用し教育していれば、十分に対応出来ると感じていたからにほかなりません。主力である団塊の世代がここ10年で定年を迎え、いよいよ人材不足の心配が出てきたといった状況になっています。

これはどこの業界でもそうなのですが、少子化の影響によって、人材不足に陥っている業界は少なくありません。作業をオートメーション化出来れば、それに対応することが出来るわけですが、電車運転士のようなマンパワーが物を言うような職種の場合、どうしても新しい人員を確保しなければならず、10年以上前の状況と今現在の状況では、電車運転士の中途採用は非常に豊富に見られるようになっているのです。

人口そのものが減少傾向にあるため、鉄道を利用する人数も減ってきています。これはつまり経営に関しても大きな打撃を与えてしまっているということです。人員補充はしたいけれど、コストカットの必要性も出てきたという矛盾を抱えながら、現在の鉄道会社は運営されている状況なのです。これまでの鉄道会社では新卒者を雇い、長い年月を掛けて自社のカラーや思いというものをしっかりと把握出来ている電車運転士を育成してきました。

しかしながら、これには多額のコストが掛かるため、現在では新卒者の採用枠をある程度に抑え、同業他社で育成し、実績を積んだ電車運転士の中途採用枠を増やしているというような状況になっています。電車運転士には、鉄道会社が変われども、それなりの育成期間は平等に設けられているような状況ですから、コストカットとの兼ね合いで完成品を欲しがる鉄道会社が増加している傾向が見られています。電車運転士の資格と資質を備えていれば、完全なる売り手市場で転職活動を進めることが出来る時代だと言われています。

若い内からキャリアを積み、電車運転士の資格や付随する資格を取得していれば、中途採用で重宝されることになるでしょう。それでも人材不足の不安は拭い切れないため、ある程度に年齢は制限されるものの、未経験者でも中途採用枠での採用を行い始めているような現状です。しかしながら、やはり電車運転士としてスムーズに転職を実現したいのであれば、キャリアを積んでおくことが最低限必要と言えるでしょう。

電車運転士の求人倍率は?

電車運転士に憧れを持ち、転職を希望している方は多いものでしょうが、なかなかに求人が見られないということで有名な職種でもありました。以前までは中途採用枠などはまったく用意されず、求人倍率が低い職種ということでも有名でした。それ以前にどこで求人を見つけることが出来るのか、どういう風に募集されているのかが分からないという方が多かった職種でもあるのです。つまりは、長年閉ざされた世界的なニュアンスが強かった職種なのです。

こういった状況になっていたのには、しっかりとした理由があり、中学生の時点である程度に電車運転士として進路を決めていなければ、電車運転士としての進路から外れてしまうことが多かったからなのです。鉄道会社の多くは、毎年採用実績のある高等学校にのみ求人情報を出しているというのがスタンダードな人材募集の方法だったため、採用実績の高い高等学校へと中学校の時点で狙いを定め入学していないと、ルートは開かれていなかったのです。

このため鉄道関係の仕事に就きたいと大学などの時代に思っても、局採用が一般募集されておらず、泣く泣く鉄道会社の現業種を諦めたという方は現在の30代や40代以上の方には沢山にいらっしゃいます。しかしながら、人員が充実していた団塊の世代が現役引退を迎えたり、間近に迫ったことから、各鉄道会社も従来の募集方法に加えて、中途採用枠での募集を積極的に始めたことが現在の状況を生み出しています。

長年、電車運転士を始めとする鉄道会社の現業職の求人倍率は、2倍以下というなりたい方には厳しい状況が続いていました。しかしながら、時代が進むに連れ、4倍になり、現在では新卒者のみならず、鉄道関連会社での経験が未経験でも、比較的若い年代であれば、中途採用枠での採用の可能性も高いような時代になっているのです。求人倍率だけを見ると、昔と比較して、随分と求職者に有利な状況になっているというのが現状なのです。

以前までは、工業系の高校で、ある程度機械関連の知識を有している人材が望ましいとされていましたが、根本となるのは、サービス業であるということが見直され、そこからは人間性やコミュニケーション能力の高さという所にスポットが当たっているという傾向が見られます。中途採用の場合には、年齢にもよりますが、鉄道会社での経験や動力車操縦者運転免許の取得者が優遇されますが、新卒者や第二新卒者の場合には、有効な資格などは存在しないと思ってもいいでしょう。


Copyright (C) 2014-2018 電車運転士転職ガイド【※稀少な求人を簡単検索】 All Rights Reserved.